2007年11月アーカイブ

冬でも人気の栗最中冷菓

Written on : 11.30.07

恵那峡本店の喫茶室では、栗ソフトクリーム(300円)を一年中販売しています。
このソフトクリームは結構人気者で、関西のほうからも高速道路をとばしてわざわざ食べにみえる方もいます。(信じられないかもしれませんが本当の話です)

栗ソフトクリームは宅配できませんが、おなじ栗アイスをタップリ詰めた「栗最中冷菓」でしたら宅配しています。

   栗最中冷菓   栗最中冷菓のふたをしたたいるところ

ねっ間違いなくソフトクリームをしぼり出す機械から、てんこ盛りの栗アイスをしぼってるでしょ。
これにもう一枚の最中の皮をかぶせて、ググッと押してピッタリフタをすればできあがりです。

電話の向こうで「家が遠いから、栗ソフトが食べれなくて残念…」とおっしゃるお客様にはおすすめしています。

栗最中冷菓はこちらから

外国からのお友達

Written on : 11.29.07

MDルームで仕事をしていると、クワジマさんが台車で商品を運んできました。
ナンダナンダとダンボールの箱の中をのぞくと、ビン詰めの栗がたくさん入ってたんで、あらまぁと1ビン手に取ったら…

「アッチッチ」

「あっヨシムラさんまだ熱いよ」(遅いんだけど(-_-;))

利平という信じられないくらい大きな栗で作った渋皮煮で、うちの自慢の商品。
よく見ると別のダンボールには、同じビンだけどちょっと顔つきの違うよその子が「HEY!」って顔して、こっちを向いているのでついでにパチリ!

   渋皮煮の利平くん  スペインからきたホセくん

右側の子はスペインからきた栗のブランデー漬け。今回、うちの渋皮煮の利平くんとコラボすることになりました。

図体ばかりでかいけど恥ずかしがりやの利平くんと、小粒でもパワー全開のホセくん。

お互いいい刺激になってくれれば、お母さんはウレシイ うれし泣き

乾燥庫「ガス式キャビネットホイロ」の前で

Written on : 11.28.07

契約農家から仕入れたおいしいリンゴを少しの糖蜜で煮た「果子」。リンゴの「果子」は乾燥庫で丸2日乾燥させます。

   皮をむいたリンゴ    乾燥庫り中のリンゴ

瑞々しくてさわやかな酸味のリンゴが、時間が経つにつれ、ますます甘味がのり、シワシワになり、最後には深い味わいのあるお菓子になります…う〜ん

「私の人生もかくありたい…」とガス式キャビネットホイロに思わず語りかけてしまった私。

いやぁ深いお菓子です。

果子はこちらです

資材のことならこの人です!

Written on : 11.27.07

本社の工房のずっと奥まったところにあるのが「資材倉庫」。

ちっちゃなものから大きなものまで、何千種類とある資材のことは資材担当の布目さんにおまかせです。

「布目さぁん、写真撮らせてくださぁい」ってお願いしたらニコニコ笑顔で即OK!

  資材担当の布目さん   布目さんのデスク

右の写真は倉庫の入り口にある布目さんのデスクです。

ところで、映画「千と千尋の神隠し」に出てくる湯屋の釜の門番「釜じい」の雰囲気がなんとなく布目さんに似ているので、私、ひそかに「ヌノじい」と呼んでおります。

ヌノじい!冬は倉庫の中は寒いけど、風邪をひかないように頑張ってくださいね。

みんなで!せぇぇのぉ〜

Written on : 11.26.07

クワジマさんが、なにやら男衆を集めてたので、ブログネタを探している私はさっそくカメラ片手にトンでいきました 羅琉 ニヤリ

「アッ、ヨシムラさんは手伝わなくていいから…」
女の私に手伝えるわけないじゃん!社内でもまだまだ私のブログは知られていないんだなぁ…

で、何をするかと思えば冷却装置の高さを高くするために、脚にもう二段くらいゲタをはかせてボルトを止めるという作業。ねっ、私には無理でしょ!

みんなで力をあわせてヨイショ!

これはかなり重そうです。一度ではなかなか持ち上がらないみたいです。ガンバレ!

持ち上がりました

こっちは持ち上がったけど、奥のほうは大丈夫?ちょっとヒヤヒヤ。

金具が水槽にポチャン

アッ!ミズノさん金具を水槽に落としちゃダメじゃん汗とか

何とか高くできました


できましたぁ ハート 
それにしてもみんな必死なのにそばでパシャパシャ写真を撮って、フラッシュもたきほうだいで失礼しました。

みんなやさしくてとってもいい人ばっかし!!(ってブログに書いとくからゆるしてね にっこり笑顔 )

ちょっと一息

Written on : 11.25.07

お菓子を作っている手元をマジマジと見ながら「職人さんてスゴイねぇ。尊敬しちゃう!」って言ったら「パソコンできる人だってスゴイさ」なんで会話が工房の中でかわされていたのはつい数年前。

それから、世の中ではIT化がすすみ、職人といえど「パソコンなんてやってられっか」なんて言ってられないご時世となりました汗とか

かくして、うちの職人さんたちの中にもここ数年でパソコンにむかう姿が時折見かけられるようになりました。
では、呼んでみましょう!「ユカワさぁぁん!」和菓子職人 湯川さん

工房では厳しくても、パソコンの前では、少し恥ずかしそうです。

工房の朝は早いのです。

Written on : 11.24.07

朝まだ薄暗い時間から工房の仕事は始まります。

数ある洋菓子の中でも根強い人気を得ているのがシュークリームです。大きくて食べ応えがあるのに100円というお値段がリーズナブルでうけています。

店のガラス越しに見えるケーキ工房のまた奥に大きなオーブンがあります。工房の奥なので普段はあまり行かない部屋ですが、カメラ片手に入って行くと、とにかくみんな動きっぱなしで、おじゃま虫の私としては、邪魔をしないようにあっち行ったり、こっち行ったりとウロウロしっぱなし。
   
    シュー皮の生地   焼きあがったシュー皮
 
卵の黄身のような形をしたのがシュー皮の生地。オーブンで35分ほど焼き上げると、まんまるのシュー皮の出来上がりです。

皮だけでもおいしそう!

シュー皮ってむずかしくて、自宅で焼くと結構失敗しちゃうので、思わず聞いちゃったんですが
「失敗したことあります?」
「…」

失礼しましたぁぁ。今度コツを教えてね。

三連休

Written on : 11.23.07

今日から25日まで三連休ですね にっこり 恵那川上屋はフル稼働でお客様をお迎えしてます。

 パイきんとんにフォンダンをかけています。    パイきんとん焼き上がり

人気商品の「パイきんとん」も各お店で焼き立てを販売しているので店のオーブンも大忙しです。
このパイきんとんも後一週間ほどで今季は終了となりますが、ご安心下さい! 頼もしい後輩がこの冬から登場いたします。

その名も「パイリンゴ」
 パイリンゴ

契約している農園からツヤツヤの紅玉を仕入れて、アップルパイの小ぶりなものに仕上げました。こちらも店で焼き立てを販売いたしますので、皆様楽しみにしていてくださいねキラキラ(ピンク)もちろん宅配もいたします。

せいれ〜つ!

Written on : 11.22.07

ちっちゃなトンガリがお行儀良く行進していきます。

  パイきんとん    パイきんとんを包んでいます

はじっこのほうでは、一つ一つくるんでいます。

実はこれは秋の季節の人気商品「パイきんとん」の製造工程の一部です。12月になると冬の商品と入れ替わりますので、このかわいい行進は来年までおあずけです。

かわいいわが子を見送るような一抹のさみしさもありますが、来年また会おうね!

いっただきまぁぁす!

Written on : 11.21.07

 と、言いたいところですが、グッとがまん…

今日の試食は明日からの「林檎フェア」で登場する「シブースト」です。

         シブースト

上のキャラメルからカスタードクリーム、それにリンゴ。どこを食べてもおいしいんですハート(赤)

ですが、試食担当としては、ヘラヘラするわけにもいきませんから、ここはキリリと厳しく試食にのぞみます。

ニコリともせず 「まぁいいんじない」 なぁぁんて、言っちゃったりして。

店に並んでいるお菓子はそんなこんなで勝ち抜いて生き残ってきたものばかりです。ですからお客様におすすめする時は、つい「どれもおいしいですよ」っておすすめしてます。

トンネルオーブンでじっくり焼いた安納芋

Written on : 11.20.07

種子島で収穫される「安納芋」は糖度が高くて、とてもとてもあまぁ〜くておいしいお芋です。その安納芋を種子島まで行って収穫してお菓子にします。

その中で小ぶりな安納芋は遠赤外線で1時間じっくり焼き上げて、焼き芋にして冷凍で販売しています。

今年は5〜6トンほど入荷の予定ですが、選別された安納芋を焼くという話を聞いて、早速工房に駆けつけました ファンカーゴ

安納芋 安納芋の選別

天板に並べてトンネルオーブンに入れていきます。右の写真は選別された安納芋の最後のチェックと破裂しないように両端を切り落としているところです。

焼き上がった安納芋 黄金色の安納芋

1時間後に焼きあがった芋がオーブンから出てきました。あまり焦げてはいませんが、中はホクホクです。

焼きあがった安納芋を早速いただいちゃいました!

かなり濃いめの黄色で、本当に甘い!んです。
これを袋詰めして冷凍にして販売します。

安納芋の焼き芋が店に並ぶと、お店もいよいよ冬支度です。jumee☆snowman1L

安納芋の焼き芋はこちらです。

オリジナルアントルメはおまかせ!

Written on : 11.19.07

お誕生日は家族の大切なイベントです。
特にかわいいわが子のためなら!とご注文いただくのがオリジナルアントルメ。

チョコでクルマや動物、子供の似顔絵を描いてプレートにしてデコレーションケーキに飾ると、世界でただ一つのお誕生ケーキのできあがり!です。

その大切な絵をチョコで描いているのが洋菓子工房の娘二人です。

    元気いっぱい洋菓子娘二人     チョコで絵を描いていきます

まだ若い二人ですが、度胸は満点でスラスラとチョコで絵を描いていきます。

「写真撮ってもいい?」と聞くと、"恥ずかしいからいやぁ"と言うかと思いきや「マスクはずしてもいいですかぁぁ」だって 苦笑い

ダメダメ…工房の中はマスクは必須アイテムですから!

キラキラ(緑) 何はともあれ、若い力に乾杯 キラキラ(緑)

今日は日曜日

Written on : 11.18.07

今日は日曜日…工場はだぁれもいない、というか早々とみんな帰ってしまいました。
今日は何をネタにしようかと歩き回っても、だれもいないから仕方ないので、事務所ネタにします。

    紙袋の時計    上司の机

左の時計はMDルームにある掛け時計なんですけど、紙袋でできていてとてもかわいいのです。見にくいのがたまにキズですが、飾り気のないMDルームにちょっぴり色合いを添えています。

その隣りの写真は私ヨシムラの上司の机。今日はお休みなんですが…汗顔
パソコンが開けっ放しですねぇ。でもこの前出張のおみやげもらったし絵文字名を入力してください  さりげなく閉めとこうかな。
また、おみやげよろしくハート

クリスマスケーキの予約スタート!

Written on : 11.17.07

    恵那川上屋のクリスマス

今日から本格的にクリスマスケーキのご予約受付がスタートしました。
昨年からホームページでも予約受付するようになりましたので、今日は朝一番で予約メールが入り、うれしい悲鳴です。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.mitsukaru.net/enakawakamiya/christmas07/index.htm

今年は初めて宅配をしますので、どのくらい注文がいただけるのか今からドキドキです!

クリスマス前は大忙し!

Written on : 11.16.07

いよいよ明日、クリスマスのチラシが地元地域の新聞に折り込まれます。
企画開発チームは少し安堵。ここまでくるのがとても大変なんです。
何度も会議を重ねて、少しでも思い出に残るクリスマスになるようなケーキに仕上げていきます。
また、チラシにのせるものとは別企画の特注のクリスマスケーキもあり、下の写真がその一つです。

  サンタクロースの目入れ      立っているサンタクロース

チョコレートのサンタクロースの飾りを作っているところですが、何体も何体も手作りで作ります。見ていたらあまりにかわいいので、思わず写真を撮りました。

「このサンタはどのケーキに使うの?」と聞いたら
「店で売る特別なケーキに使いたいけど…企画で採用されればね」ですって。

さてさて、もしクリスマスに店でこのサンタの飾ってあるケーキを見かけたら、職人さんはVサイン出して喜んだ!って思ってくださいね。

クリスマスケーキを宅配して大丈夫かなぁぁ

Written on : 11.15.07

今年は何と、クリスマスケーキを宅配しちゃいます絵文字名を入力してください
「そんなん普通じゃん」なんて言わないでください。これがなかなか心配なんです。
…壊れないだろうか
…壊れないまでもケーキにキズがつかないだろうか

せっかくの大イベントを飾るケーキが、台無しなんていったら、菓子職人は青くなるだけではすみませんもの。
あっ心配はしないでください、クビにはなりませんから汗
でも職人さんのプライドかがゆるしませんから。

というわけで、「じゃっ試しに送ってみようよ」ということになりまして、私の家に実際送ることになりました。

送られた時の写真がこちらです。
   ケーキを梱包中        発送用ブッシュ・ド・ノエル

しっかりと包んで、ケースに入れられたケーキを、大事に大事に出して、別添えのパーツを飾ればできあがりです絵文字名を入力してください
だ・い・せ・い・こ・うです!
これなら今年のクリスマスは遠方のお客様にもケーキがお届けできるので、本当にうれしいです。
もちろん味もバッチリで、栗タップリのブッシュ・ド・ノエルはアッという間に完食!
一足先にごちそうさまでしたo00o

こんなケーキも作っちゃいました

Written on : 11.14.07

毎年この時期になるとご注文いただく特注ケーキ。
今年のリクエストは趣味の「ギター」
さっそく職人の奮闘がはじまります!で、できあがったのがこのケーキです。

ギターのケーキ 横から見たギターのケーキ

中のスポンジはマーブルタイプで仕上げて1本1本弦まで張りました。
お客様にも確認いただきOKをちょうだいして、ホッとしました桃色音符
来年はどんなリクエストがいただけるのか、今から楽しみです絵文字名を入力してください

特注ケーキは腕のみせどころです。

Written on : 11.13.07

ハートのケーキ1
定番のデコレーションケーキだけではなくて、お客様からご希望があれば、いろいろなタイプのケーキを作ります。
この日ご結婚祝用のハートのケーキを作りました。
ハート型のスポンジにていねいに生クリームをぬります。

ハートのケーキ2
ケーキの上に飾るパーツもすべて手作りでご用意いたします。
今日は淡いピンクのバラと緑の葉を飾ります。
ピンクのバラも緑の葉もチョコレートでできています。

ハートのケーキ3
右上に品良く飾りました。
真っ白なケーキに色合いが添えられて、清楚で華やかな雰囲気が加わりました。

ハートのケーキ4
チョコレートで「HAPPY WEDDING」と入れます。
失敗すると、上掛けの生クリームまでダメにしてしまうので、一発勝負!
見ているほうが緊張してしまいますが、そんな心配をよそにスラスラと書き上げていきます。

ハートのケーキ5
できあがり!です。
この下に新郎新婦のお名前を入れれば完璧です。
こういった特注のケーキは特別宣伝もしていませんので、あまり知られていませんが、口コミで少しずつ広がっているようです。