2009年11月アーカイブ

栗の里豊年謝恩際

Written on : 11.29.09

9月の初めに、今年も良い栗がたくさんとれますようにと願いを込めて、伊勢神宮へ「超特選恵那栗」と「栗きんとん」を奉納させていただきました。

おかげさまで、今年も豊作であったことのご報告と、農家の方々へのねぎらい、そしてお客様への感謝を込めて、「栗の里豊年謝恩際」を本日恵那峡店で開催いたしました。

この謝恩際を開催するきっかけとなったのは、マロングラッセで親交のあるスペインのホセ・ポサーダ社のあるオレンセで、毎年開かれる栗まつり「マゴスト」にヒントを得てのことでした。

焼き栗

第1回目となる今回は、スペインガルシア州政府の駐日代表のガジェゴ氏も、わざわざ恵那まで足を運んでくださいました。

スペインガルシア州政府駐日代表ガジェゴ氏

豊年謝恩際の会場では、栗博士の塚本先生が、先生らしいトツトツとした語り口で、会場の皆さんに話しかけるように、栗のお話しをしてくださいました。

また、栗を贅沢に使った各種お楽しみグルメも勢ぞろいで、栗まつりにふさわしいイベントになりました。

栗博士塚本實先生の栗のお話

栗グルメ勢ぞろい

他にもおすすめなのが、産地交流として同じく伊勢神宮奉納牡蠣の的矢湾あだこ岩がき協同組合さんの、とれたて新鮮牡蠣の炭火焼きも大人気でした。

本場スペインのマゴストは、1500年も続く町をあげての栗まつりですから、およそその盛大さにはかないませんが、ワタシたちはこれから歴史を刻むはじめの一歩として、これからもこのお祭りを農家とお客様、そしてご縁のあった皆さんと一緒になって盛り上げていこうと思います。

 

 

クリスマスケーキのご予約受付中です。

Written on : 11.20.09

ご無沙汰しています。

コメントをいただいている皆さんのところにも、なかなか遊びに行けず申し訳ありません。

ただいま、クリスマスケーキのご予約を受け付け中です。

青い山脈のクリスマスケーキ

発送用のクリスマスケーキもご用意しています。

詳細はこちらからどうぞ

さてさて、次はお正月の準備です。

皆さんにお話ししたいことは、いっぱいありますので、お正月の準備がひと息しましたら、またブログアップいたしますね。

 

マジパン細工

Written on : 11.04.09

マジパンというのは、洋菓子でお馴染みの製菓材料で、アーモンドと砂糖を合わせたものです。

こまかい細工はできるものの、正直あまり美味しいものではなく、もっぱら目で楽しむことが主となっています。

ですが、もっと美味しいマジパンを食べていただこうと、今年の春にスペイン製のマジパン製造機を購入しました。

スペイン製のマジパン製造機

挽きたてのアーモンドを使ったマジパンは香りも良く、従来のマジパンのイメージを見事にくつがえすほど美味しいものです。

そのマジパンでお菓子を作りました。

マジパン細工

和菓子の職人が作ったマジパン細工です。

日本の四季を月ごとに上生菓子風に表現しました。

見ても食べてもご満足いただける、恵那川上屋のマジパン細工です。

このお菓子の行く先は、海の向こうのスペイン…後日また楽しいご報告ができそうです。