2011年11月アーカイブ

国産レモン 素材探究

Written on : 11.19.11

有田みかんの産地として有名な和歌山県有田郡湯浅町を、弊社スタッフが11月初旬に訪れました。

実はお目当てはみかんではなくレモン。

みかんの産地である湯浅町の気候と土壌、そして柑橘系果物を栽培するノウハウをもつみかん農家の方々、これらの条件が国産レモンの栽培にも生かされます。

みかん畑では今、みかんが真っ盛りです。

今が最盛期の有田みかん

その片隅でレモンの木を見つけました。

レモンの木

和歌山のレモン、静岡細江のオレンジ、種子島のたんかんと、日本各地で栽培されている柑橘系の果物を菓子でつなげて、お客様にお届けいたします。

市場から仕入れるのではなく、直接現地に出向いて、そこで働く農家の方たちの想いを受け止めて、さてどんな菓子にしようかと、スタッフたちはイメージを膨らませます。

和歌山のレモンはいったいどんな菓子になるのか、今からとても楽しみです。

 

お楽しみがいっぱい 栗の里豊年謝恩祭

Written on : 11.15.11

先日このブログでも少しご紹介しました、11月23日(水)(10時〜15時まで)に開催されます「栗の里 豊年謝恩祭」。

今日は、あと1週間にせまった今年の豊年謝恩祭の、お楽しみイベントのほんの一部をご紹介します。

◆ホクホクの焼き栗と蒸し栗を販売します。

焼き栗

蒸し栗

何と言っても栗のお祭りですから、まずは栗の収穫に感謝して、来年の豊作を祈願したいと思います。

◆地元の新米を使ったおはぎの販売。

おはぎ

新米の美味しさを餡やきなこと一緒に十分ご堪能ください。

◆500袋限定の福袋を販売します。

福袋

勝栗くんサブレや焼ドーナツ、米はぜチョコなど、この日のためにご用意した限定菓子が袋にいっぱい詰まっています。

◆恵那栗の栗焼酎

栗焼酎

恵那栗を使った栗焼酎で、11月23日豊年謝恩祭でデビューします。

超特選恵那栗だけで作った特別な焼酎です。

たくさんご用意できませんので限定での販売となります。

◆あったか栗ぜんざいを振る舞います。

栗ぜんざい

こちらは無料でお配りいたします。

各商品は無くなり次第終了となります。

雨天決行ですので、皆さまぜひ23日は恵那川上屋恵那峡本店にお出かけくださいませ。

 

 

第2回お客様感謝祭 可児店 Part2

Written on : 11.08.11

11月6日に可児店で開催された「第2回 お客様感謝祭」。

当日は朝から雨まじりで、途中降ったりやんだりのあいにくのお天気となりました。

ですが、そこはスタッフのパワーで補います。

足元が悪いなか、お出かけくださったお客様に楽しんでいただけるよう、全員が笑顔でお迎えいたします。

福岡工房のオオマエさん

福岡工場からの助っ人オオマエさん。

林店長とクマちゃん

クマちゃんこと熊沢くん(左)と、雨がっぱを着て会場をかけ回る林店長(右)

栗ソフトクリームも大忙し

雨降りだからと心配した感謝祭の目玉の「栗のソフトクリーム」も、おかげさまで大好評で完売いたしました。

焼き栗のモリさん

焼き栗の実演販売は、珍しさとお値打ちなこともあって、人気のブースとなりました。

 

可児店にご来店いただくお客様に、日ごろの感謝の気持ちをお伝えしたいと始まった感謝祭。

今年も笑顔あふれるお祭りとなって、たくさんのお客様をお迎えすることができました。

来年も、またより一層楽しい内容盛りだくさんの感謝祭を計画いたしますので、引き続き恵那川上屋可児店をご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

第2回お客様感謝祭 可児店

Written on : 11.04.11

昨年11月3日に、恵那川上屋可児店の10周年記念イベントとして、可児店でお客様感謝祭を開催いたしました。

その折には、たくさんの皆さまにご来店いただき誠にありがとうございました。

昨年ご好評いただきましたイベントを、今年も引き続きお客様への日頃のご愛顧に感謝を込めて「第2回お客様感謝祭」として、11月6日(10時〜16時)に可児店にて開催いたします。

当日のイベントの内容は

・恵那峡店限定の「栗ソフトクリーム」がこの日は可児店でも販売。

・昨年も大好評のお菓子の切れ端「日用百菓」の販売。

・「1000円」「1500円」のお値打ち福袋。

・感謝祭限定菓子No1の安納芋のかりんとうまんじゅう

・参加費無料の栗きんとん教室の開催。

その他にもハズレなしのくじ引きなど、楽しい催しが盛りだくさんです。

この日だけの人気のお菓子は、早いもの勝ち「売り切れ御免」となりますので、これだけはとぜひというものがあれば、お早めのご来店をおすすめいたします。

昨年の感謝祭の様子

昨年の様子です。

今年も昨年同様に、ご家族で楽しんでいただけますので、ぜひお誘いあわせの上、ご来店をお待ちしております。

 

VIBA!!!JIBA!フェスタinENA2011

Written on : 11.01.11

恵那市内のあらゆる産業が一堂に会する産業博覧会「VIBA!!!JIBA!フェスタin ENA2011」が今年も10月30日に、恵那市のまきがね公園体育館で開催されました。

今回は、市内の小中高校生とも連携したイベントとして、恵那の将来を担う子どもたちに地元の産業に対する理解を深めてもらう場ともなっています。

恵那川上屋も地元菓子屋としてブースを構えました。

恵那川上屋のブース

そして様々な催しの中の一つとして、「オリジナルケーキデザインコンテスト」が行われました。

これは事前に市内中学生を対象として、こんなのあったらいいなと思うケーキを自由にデザインしてもらい、応募者の中から優秀作品を選ぶというものです。

選ばれたデザインは恵那川上屋のパティシエが実際にケーキにして、受賞者にプレゼントされます。

入賞した4作品をご紹介します。

そっくりケーキ

「そっくりケーキ」(都筑さんデザイン)

中身も形も栗そっくりなケーキということでデザインされた作品です。

リスが見つけたロマン

「リスが見つけたロマン」(木村さんデザイン)

ほのぼのとしたかわいらしい作品です。

秋のケーキ

「秋のケーキ」(湯村さんデザイン)

実りの秋にふさわしい野菜たっぷりのケーキです。

秋のびっくりTAMATEBAKO!!!

「秋のびっくりTAMATEBAKO!!!」(西尾さんデザイン)

栗をたっぷり使って秋の野山の美しさを感じることのできるケーキです。

入賞した4人の中学生の皆さん

皆さん入賞おめでとうございます。

今回のケーキはデザインしてくださった皆さんの名前を入れて、恵那川上屋の店頭で期間を分けて販売いたします。

子どもたちの夢のケーキを、皆様お楽しみに。