2012年5月アーカイブ

本社恵那峡店20周年記念企画

Written on : 05.29.12

いまから20年前の夏に本社が移転となり、現在の恵那峡店が誕生しました。

本社恵那峡店恵那市の中心からは少し離れた場所に建てられた恵那峡店は、当初さまざまな心配はあったものの地元の皆さま、農家の皆さまに支えられ、おかげさまで20年の時を刻むことができました。

そんな日頃のご愛顧に感謝して、今年生まれた赤ちゃんにケーキをプレゼントする「”こんにちは赤ちゃん”お祝いケーキプレゼント」キャンペーンを開催しています。

こんにちは赤ちゃん■期間   2013年5月31日まで

       ※期間について当初間違った期間が書かれておりました、大変申し訳ございません。

■対象者  生後6か月未満の赤ちゃん
       (赤ちゃんと同居の方、赤ちゃん1人に1台限り 双子の場合は2人に1台)

■対象店舗 本社恵那峡店 恵那中央店 瑞浪店 可児店
       (店頭にお越しのお客様限ります 電話やメールでは受付ておりません)

1人でも多くの赤ちゃんに私たちのお祝いの気持ちが届きますように、ご応募をお待ちしております。

        



工房感謝祭開催 その2

Written on : 05.28.12

工房感謝祭は社内社外を問わず、たくさんの皆さんに盛り上げていただいていますが、その中でもにぎやかさではどこにも負けないのは、名物「ちんどんさんば隊」。

ちんどんさんば隊今年は若い女子従業員が元気いっぱい笑顔をふりまいて、お祭りに花を添えました。

一方、若手の男子従業員は五平餅のブースでがんばります。

五平餅を焼く従業員
五平餅香ばしいにおいに行列ができるほどの盛況ぶりでした。

そして工房感謝祭のメインイベントとも言える「お菓子のバイキング」も、スタート前から予約のためのお客様の列ができました。

目の前での実演も含めて40種類にも及ぶ和洋菓子のバイキングでは、裏方としてたくさんの従業員が応援に入りました。

ケーキバイキング
お菓子のバイキング
フルーツポンチ
今年の工房感謝祭も無事終了し、また今日を新たなスタートとしてこれからも美味しいお菓子を作ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

暑い中、たくさんのお客様にご来場いただきまして本当にありがとうございました。



工房感謝祭開催 その1

Written on : 05.27.12

今年は朝から雨の心配を一切することなく、晴天の空のもと「第13回工房感謝祭」をスタートすることができました。

早朝よりたくさんのお客様にご来場いただきまして、本当にありがとうございます。

日頃の感謝の気持ちを今日1日でお返しすることはむずかしいかもしれませんが、みんな精一杯がんばっています。

いつも美味しいりんごジュースをいただいているカネシゲ農園さん。
カネシゲ農園さん中山道ハムさんのハム・ソーセージは肉のうまみがタップリです。
中山道ハムさん元気いっぱいルンビニー保育園の皆さん
ルンビニー保育園さん遠く伊勢から海産物を持ってきてくださいました。
伊勢の海産物
伊勢のお魚
そして新鮮野菜を販売している農家の皆さん。
農家の皆さんお祭りといえば太鼓は欠かせません。
中津川太鼓の皆さんたくさんの皆さんに助けていただいて、今年も楽しい感謝祭となりました。

ありがとうございます。


風の音

Written on : 05.26.12

定点観察の栗の木は一週間前と比べると、1枚1枚の葉の大きさが随分大きくなってきました。

5.26定点観測の栗の木
日差しは暑いのですが、栗畑にわたる風は気持ちよく、風にゆられて葉と葉がこすれあって「カサカサ」と軽やかな音をたて、耳に心地よく響きます。

よく見れば花の芽のようなものが顔を出し、日々の成長のしるしを観ることができます。

栗の花芽
少し前まで、綿毛だけとなったたんぽぽが広がっていましたが、足元も少しずつ草花の顔ぶれが変わってきているようでした。

シロツメ草
栗畑の草花

第13回工房感謝祭

Written on : 05.25.12

第13回工房感謝祭の開催がいよいよ明後日となりました。


工房感謝祭今年もいろいろな催しもの満載で開催いたしますが、気になる内容を新聞に折り込まれますチラシの一部を切り取って、ブログをご覧の皆さんに、少しだけ早くご紹介いたします。

工房感謝祭_内容大好評の「お菓子のバイキング」、「栗きんとん教室」、「ケーキのデコレーション教室」のスケジュールはこちらとなります。

午前9時半より27番窓口での受付開始ですので、ご希望の時間帯があるお客様はお早めの受付をお願いいたします。

また、当日はお電話での予約は受付ておりませんので、何卒ご了承くださいませ。

工房感謝祭 気になる内容今年も焼き立て、作りたての美味しいおやつやお食事をお楽しみいただけます。

農家の皆さんの採れたて新鮮野菜や、伊勢からの海産物の販売とお楽しみ企画が目白押しです。

当日は混み合いますので一般のお買いもののお客様は、大変恐れ入りますが恵那のピアゴのそばにございます「恵那中央店」にご来店いただきますようお願い申し上げます。

遠くからお越しのお客様もいらっしゃると思いますが、皆様くれぐれも気を付けてお越しくださいませ。

では、ご来場をお待ちしております。




栗畑とイノシシ

Written on : 05.19.12

定点観察の栗の木は、この一週間ほどで前回より葉の数も大きさも一段と大きくなって、ボリュームが増してきました。

5月19日定点観察の栗の木タップリと大きい栗の葉
栗畑を取り囲む木々のどこからかウグイスの鳴き声が聞こえ、抜けるような青空のもと気持ちの良い日となりました。

ずいぶん伸びていた栗畑の下草も、最近下草刈りが行われたのか畑全体がすっきりとしています。

そしてよく見ると栗畑のまわりに、害獣の被害を防ぐための「電柵」がはられていました。

電柵栗畑の周辺には虫など様々な生き物がいますが、肥沃な畑の土の中にいるミミズをねらって、イノシシが畑の土を掘り返し、栗の木をダメにしてしまうことがあります。

この電柵はイノシシの侵入を防ぐために設置されています。

イノシシ以外でも、栗の実がなる頃にはサルも現れて畑を荒らしていきます。

山に囲まれた豊かな自然の中での農業のむずかしさを実感することになります。



母の日のスイーツ

Written on : 05.11.12

5月13日の母の日が間近となって、ネットショップからの発送のご注文はそろそろ終了となります。

まだ何にしようかと迷っている方、メインとなるプレゼントは決まっていて、当日何かスイーツでもと考えてらっしゃる方にはぴったりの「母の日限定のスイーツ」をご紹介します。

◇工芸生菓子カーネーション(恵那峡本店 中央店 瑞浪店 可児店で販売中)

鉢植えの可愛いカーネーションに見立てた和菓子です。

土台は栗万頭でできています。(630円)

工芸生菓子カーネーション

写真はピンクのカーネーションですが、赤や黄色など他の色もご用意しています。

◇シャルロットケーキ(恵那峡本店 中央店 瑞浪店 可児店で販売中)

中にレアチーズとフランボワーズソースをしみ込ませたスポンジを入れ、上にフルーツとカーネーションに見立てたクリームを絞りました。(1260円)

シャルロットケーキ

◇母の日のシャルロット(二子玉川店で販売中)

栗のダイスカットとカスタードクリーム、栗のババロアをビスキュイキュイールで包み、ザクロのクリームを絞りました。(1050円)

母の日のシャルロット

どれも母の日までの限定スイーツとなっています。

お母様はもちろんご家族にとっても笑顔があふれる1日となりますよう、心を込めてお作りしました。

ご来店をお待ちしております。

 

 

 

若葉薫る

Written on : 05.10.12

定点観察の栗の木は一週間前と比べて、葉が大きく成長し下草が伸びて草に埋もれてしまいそうな感じもします。

5月10日の栗の木

地面から湧いてくる力というか、息吹きのようなものを感じ、枝にもタップリの葉が茂っています。

生い茂る栗の葉

広い圃場の遠くの方から草刈り機の音が聞こえましたが、どこの畑の下草刈りをしているのか、目で捉えることはできませんでした。

栗に限らず、すべての生物が一気に目覚めたかのような、そんな勢いを感じます。

一斉に芽を出す新芽

 5月の後半には栗は綿毛のような花を咲かせます。

後ほんの1・2週間後のことと思うと今から楽しみです。

 

 

母の日限定メニュー

Written on : 05.07.12

恵那峡本店の喫茶里の菓茶房で、母の日限定メニュー「しっとりフルーツスフレのオシャレバッグ」(630円)が本日より始まりました。

スフレ生地をバッグにみたてて、持ち手はブルーベリーの生クリームであしらったオシャレなハンドバッグのかたちをしたスイーツです。

母の日限定メニュー

母の日の5月13日までですので、皆さまのご来店をお待ちしています。

 

瀬戸のたけのこ

Written on : 05.06.12

農業生産法人恵那栗の落合販売所は桃の生産地として有名なところでした。

その同じ落合にある瀬戸という地域は、木曽川沿いの高台にあって古くから良質な竹林が多く、ここで採れるたけのこはやわらかくてアクが少ない最高級品として、「幻のたけのこ」と言われています。

この有名な「瀬戸のたけのこ」の生産者の一人、吉村さんにお話しを伺いました。

5月初旬の竹林は、たくさんの竹の葉が風に舞い落ち、今年の収穫が終了に近いことを教えてくれます。

瀬戸の竹林

竹林のあちこちで地面からたけのこが頭を出していますが、大きく伸びているものは、親竹として残すものなのだそうです。

そして思ったよりも明るくてすっきりとした竹林に、「ここらでは竹林は林ではなくて畑なんです」と話してくれました。

日当たりの良い瀬戸の竹林

今年は「裏年」ということで、昨年の「表年」と比べて、かなり収量は少なかったそうです。

ちょうどこれから奥様とたけのこを掘るところということで見せていただきましたが、先端が少し広がった細長い鍬のようなもので、たけのこの周囲から掘り、それほど時間もかからず掘り起こしました。

たけのこ堀鍬でたけのこを掘ります

日当たりがよく肥沃な土地、そしてきれいな木曽川の水と霧が立ちやすいといった自然環境に恵まれて、全国屈指の生産地である京都のたけのこをしのぐ美味しさと言われる「瀬戸のたけのこ」。

大切に育てられたたけのこを、感謝の気持ちを持ってフキと一緒に炊き合わせていただきました。

たけのことフキの煮物たけのこの季節が終わると、休む間もなく次は田植えが始まります。

 

プリザーブドフラワーのブーケ

Written on : 05.04.12

弊社のラッピング担当でラッピングの講師の資格も持つ原さんは、名古屋までプリザーブドフラワーの講座にも通っていました。

月に1回休みを利用して自己啓発のために始めた勉強は今年で4年目を迎え、この度「ブライダルコーディネーター」の資格も取得しました。

ここでいう「ブライダルコーディネーター」というのは、ブライダル全般をコーディネイトするのではなく、プリザーブドフラワーをアレンジしてブーケを作るプロということです。

こちらが彼女が作った深紅のブーケです。

深紅のブーケ

今まで何回も話を聞かせてもらいましたが、今回初めて修了証と楯と一緒に写真を撮らせてもらいました。

ブライダルコーディネーターの資格を取得した原さん

原さんの頑張りは社内でも大きな励みになります。

これから月に1回くらい、原さんの作品をブログやFACEBOOKで紹介していきたいと思います。

 

新緑の季節へ

Written on : 05.03.12

ゴールデンウイークも後半に入り、今日3日は恵那は曇りですが暖かい1日になりました。

定点観察を続ける栗の木は、前回少し芽が出ていたことと、この頃の高めの気温を考えると期待はしていましたが、思ったとおりたくさんの葉が茂り新緑の季節を迎えていました。

5月3日の栗の木

初めて目に見えて変化を確認できたわけですから、とてもよかったのですが、いきなりのことで少し驚きました。

青く茂る栗の葉

まわりを見渡せば、ついこの前まであちこちで咲いていたたんぽぽはすっかり綿毛となって、春から初夏への季節のバトンタッチは順調のようです。

たんぽぽの綿毛

畑に通い足元の小さな草花の写真を撮るようになると、その花の名を教えてくださる人がいて、名前を知るとどんな草花でも以前のように踏むことができなくなってしまいました。

足を置く場所を選びながら、でも転ばないように気を付けて、これからも畑に通おうと思います。

 

母の日のプレゼント

Written on : 05.01.12

5月13日は母の日ですね。

日頃はなかなか感謝の言葉をかけることもないので、この日は「ありがとう」と素直に伝えるようにしています。

この「ありがとう」にも年を重ねるにつれ、いろいろな思いが込められます。

子どもの頃は確か「(いつも美味しいごはんを作ってくれて)ありがとう」という気持ちだったと思います。

今は、私自身も親になって思うことは「(生んでくれて)ありがとう」でしょうか。

オンラインショップでは、焼菓子と一口羊羹を詰め合わせたラッピングをご用意しました。

母の日の詰め合わせ

母の日のラッピング

お母様に対する「ありがとう」の気持ちに勝るものはありませんが、私どものお菓子でお手伝いをさせていただければ幸いです。

◇母の日ギフトはこちらからどうぞ

http://www.enakawakamiya.com/category/454.html

※5月13日お届けご希望の方は5月8日までにご注文ください。