2013年9月アーカイブ

中秋の名月

Written on : 09.19.13

中秋の名月、十五夜は秋の真ん中にでる満月のことで、旧暦では8月15日の夜にでる満月、

新暦では約1か月ほどずれるので9月7日から10月8日の間の満月をさします。また里芋の収穫の

時期にあたるので芋名月と呼び、豊作への感謝をこめて芋を御供し魔よけの力があると言われている

ススキを飾り月を眺めます。

今年は9月19日本日が中秋の名月、十五夜です。

天気は今のところよいようです。秋の夜長にゆったりとした気持ちで月を眺めてはいかがでしょうか。

 

 お月見.JPG

白露

Written on : 09.05.13

 9月7日は「白露」。白露とは大気が冷えてきて白く光ってみえる露のこと。残暑もひと段落し、

本格的な秋を迎えつつあります。9月に入り栗の収量が増えて工房には嬉しい忙しさです。

 

9月に入ってからの最初のイベントといえば9月9日の “重陽の節句”。

なかなか皆さんに知られていないのですが、5大節句の一つとされており、菊に長寿を祈る日です。

陽(奇数)が重なる日で、奇数の中でも一番大きな数字という意味で「重陽」といわれています。

盃に菊の花びらを浮かべ酒を飲んだり、9月8日の夜に菊に綿をかぶせ、9日に露で湿ったその綿で

体を拭いて長寿を願います。

 

また重陽の節句は旧暦では9月9日、現在の10月にあたり、秋の田畑の収穫が行われる時期に

“栗の節句” とも呼ばれ、栗ごはんなどで節句をお祝いします。

 

恵那川上屋でも節句にちなんだ菊の上生菓子と栗おこわをご用意しております。

 

菊の上生菓子【菊花・菊酒・被綿】

長寿を願いひとつひとつ丁寧に仕上げました。

重陽.jpg

 

胞衣栗おこわ

恵那栗と三重県産のもち米をあわせた栗おこわ。中山道名物「こわめし」を再現しました。

栗おこわ.jpg