2015年7月アーカイブ

夏のワークショップ 子供写生大会

Written on : 07.27.15

本社恵那峡店東側にある”横井照子ひなげし美術館”で7月27日に毎年ご好評いただいております

夏のワークショップ子供写生大会を行いました。

第一部は館内にて美術顧問による芸術鑑賞の楽しみ方、学芸員による作品技法と表現のヒントを

説明させていただき実際に作品の鑑賞をしていただきました。

第二部は写生大会〜実際に外で描いてみよう〜と題し、美術館の周りで草花や木々をみながら

描いていただきました。

20150726_110732.jpg

P7260032.JPG

天気にも恵まれ大変暑い日となりましたがみなさん最後まで楽しくご参加いただきました。

作品につきましては同館内にて明日7月28日(火)〜8月30日(日)まで展示をさせて

いただきます。ぜひみなさん、子供さんの色彩・感性豊かな作品を見にご来館ください。

 

土用餅

Written on : 07.23.15

土用の丑の日は春・夏・秋・冬とあり、今年の夏は明日7月24日(金)と8月5日(水)です。

夏の土用にはウナギ・卵・小豆餅など滋養豊かな食材を食べ、夏バテを防ぎ厄をはらう習慣が

今に伝えられています。古くは宮中の暑気払い行事に始まるともいわれています。

恵那川上屋では暑い夏の土用には”土用餅”をご用意しました。

 

土用餅2324.jpg

塩を効かせて甘さ控えめに、暑い夏でも食べやすく仕上げました。

土用餅を食べて夏を元気に乗り越えましょう。

半原かぼちゃ

Written on : 07.16.15

半原かぼちゃは本社のある岐阜県瑞浪市日吉町半原地区で採れるかぼちゃ。

このかぼちゃは貴重な和製品種のかぼちゃで飛騨・美濃伝統野菜にも選ばれています。

私たちがスーパーなどで見かけるかぼちゃは西洋かぼちゃがほとんどで、食べた感じは

ホクホク・ほこほこといった感じですが、和製品種のかぼちゃはあっさりとした甘さで水分が多く

ややしっとり、ねっとりとした食感が特徴です。

そんな貴重な”半原かぼちゃ”を器に皮ごと丸ごと食べられるぷりんをご用意しました。

 

【菜果ぷりん(さいかぷりん)】

菜果プリン.jpg

日本かぼちゃの甘さをいかして、甘さ控えめに仕上げておりますのでお好みでキャラメルソースを

かけてお召し上がりください。

今が旬、半原かぼちゃの菜果ぷりんをぜひお試しください。

 

 

 

七夕

Written on : 07.07.15

季節柄、梅雨空で見えないことの多い乳をこぼした跡とも言われる天の川。

7月7日、今日は七夕。一年に一度だけ天帝によって天の川をはさんで引き離された織姫と彦星が

会える日とされていますがあいにくの天気です。

 

店頭では色とりどりの七夕飾りにお客様に書いていただきましたたくさんの短冊が。

ご記入いただきました短冊は後日、大切に奉納させていただきます。

みなさまの素敵な願いが叶いますように。

P1070923.JPG

店頭ではもうひとつ。ショーケースを彩るくだもの”ブルーベリー”。

地元産の大粒のブルーベリーをたっぷりと使って仕上げた甘酸っぱく爽やかなショートケーキの

ほか、人気の商品、通称”バケツ杏仁”=ブルーベリーソースの杏仁豆腐などブルーベリーを

ふんだんに使った商品を取り揃えております。

P1070926.JPG

ぜひこの機会にご利用ください。

 

“文化美人”へのみちを歩こうツアー 第三弾

Written on : 07.05.15

3月に“お茶とお菓子”でもご紹介させていただきました愛知商業高等学校「ユネスコクラブ」様が

企画された“文化美人”へのみちを歩こうツアー 第三弾の工程「和菓子作り体験」参加させてい

ただくことになりました。

 このイベントは88日(はは)日曜日の開催にちなんで深まる母娘(おやこ)の絆をテーマに、

愛知商業高等学校周辺に広がる「文化のみち」エリアで女子総合力をUPする観光3要素

(観る・食べる・遊ぶ)で開催されます。

 

 

文化のみち 二葉館【名古屋市旧川上貞奴邸】では日本の伝統文化でもある「着物」文化を広める

ことを目的に江戸末期より現代に至る各種着物の保存・展示、収集した数多くの着物のデザイン・縫製技術を

研究し「姫きもの」という全く新しい芸術作品として現在に甦らせるという制作発表された作品を鑑賞。

お昼にはChes Tomo(シェ・トモ)昭和27年建築の家屋をモダンに改装した居心地のよい隠れ家

レストランではいつもとは違う落ち着いた雰囲気で、ゆったりとした時間でおいしいフレンチを。

文化のみち 百花百草では、徳川美術館所蔵、重要文化財に指定されている「百花百草図屏風」

にちなんだ庭園を眺めながら、娘は母を母は娘を想いながら癒し効果のあるアロマキャンドル作りを。

古民家を改装し、ホッとくつろげる空間“プメルタディリーフ”では着付け体験と和菓子作り体験を。

和菓子職人、指導のもと季節の上生菓子作り。その場で作ったお菓子をお召し上がりいただけます。

 最後は池泉回遊式の日本庭園“徳川園”を和装で夕涼み。

普段は味わうことのできないゆっとり贅沢なひとときをお楽しみいただけます。

 

恵那川上屋も素敵な企画に参加させていただくことができ大変光栄に思います。

みなさまのご参加お待ちしております。

 

 【写真は実際にツアーでお客様に作っていただく和菓子”生菓子”作り体験をしている

愛知商業高校ユネスコクラブのみなさん様子】

 

20150630_172049(0).jpg

 ”文化美人"へのみちを歩こうツアー 第三弾 

詳しくは▼こちらから

http://www.nagoya-info.jp/news/2015/06/3_2015.html