豊年謝恩祭の最近のブログ記事

小雪

Written on : 11.23.13

小雪とは、寒さが進み、そろそろ雪が降りはじめるころのこと。

恵那山の山頂も雪化粧し、本格的な冬の訪れを感じます。

旧暦の十月を「小春」ともいいますが、それまでの寒さが打って変わり暖かな日差しに包まれた

陽気になるときもあります。

連日の曇り空、時折雨も交じり、寒い日が続いていた恵那の里も、今日は穏やかに晴れ渡りました。

まさに「小春日和」といったところです。ふもとの木々の紅葉もちょうど見ごろをむかえ、

紅葉を見に訪れた人々で賑わっています。

 

さて、工房では明日24日(日)、毎年恒例の秋のお祭り「栗の里 豊年謝恩祭」 を開催します。

前回の様子。大変な賑わいでした。SDIM5916.JPG

きれいな紅葉と一緒に楽しい・美味しいイベントにぜひみなさんご参加ください。

たくさんのお客様のご来場を従業員一同お待ちしております。

 

栗の里 豊年謝恩祭

Written on : 11.19.13

 青い山のふもとでは今年もたくさんの栗が収穫できました。

自然の恵み出会いに感謝するお祭り「栗の里 豊年謝恩祭」を11月24日(日)10:00?

行います。当日限定の商品をはじめ、みなさんに楽しんでいただけるイベントをご用意しました。

11_15_2マゴストB4-3.jpg

 

 

みなさまのお越しを従業員一同お待ちしております。

ジャパニーズ MAGOSTO!

Written on : 11.27.12

工房では11月25日(日)に「栗の里 豊年謝恩祭」を開催しました。

マゴスト.JPG

 

スペインの栗の里であるガリシア地方では、1500年以上も前から「MAGOST(マゴスト)」

という収穫祭が続いています。このお祭りは一年の恵みに感謝し、町中あげて収穫を祝います。


私たちは日本でも、MAGOSTOのように、お客様と地域の方と一緒になって収穫の喜びを

分かち合えるお祭りをしたいということで、数年前から秋の収穫祭を開催しています。

 

   

お祭りのメインの【焼き栗】

大きな鉄板の上で豪快に栗を焼きホクホクのまま食べます。 IMG_9270焼き栗.JPG 来場された方にプレゼントさせていただきました。

本場のMAGOSTでも町中で焼き栗が振舞われ、ワインで乾杯しながら収穫を祝います。

【豊作汁】

ジャパニーズケイマーダ.JPG

スペインでは「ケイマーダ」と呼ばれる、栗や果実を、おまじないをかけながらお酒で煮込んでつくった魔よけの飲み物があります。


私たちはこれを恵那川上屋風にアレンジし、当日朝、神事でお祓いを受けた野菜を味噌で仕立て「豊作汁」と名付けました。
日本版ケイマーダです。

 

楽しいイベントもありました。栗きんとん教室.JPG

即席の【栗きんとん教室】。工房の職人がお客様にレクチャーさせていただき、絞った栗きんとんをお持ち帰りいただきました。

 

普段は販売していない、貴重な「栗のおこげ」もお祭りだけの限定販売です。

栗のおこげ.JPG


 

いつも工房に素材を提供してくださる生産者の皆さん方の新鮮野菜や、海産物の販売も好評でした。
野菜.JPG

伊勢海産物.JPG

 海の恵み、山の恵みに感謝です。

 

他にも工房オリジナルの地元恵那地域の素材を使った石窯焼ライスピザ、炊き立て栗ごはんなど、秋の味覚満載の食べ物を提供させていただきました。

石窯焼ピザ.JPG

 

 

早朝から始めたお祭りはお天気にも恵まれ、大勢のお客様に来ていただき大盛況でした。

 

みなさまと過ごしたひと時、収穫・生産者の方への感謝の気持ちを忘れず心を込めてお菓子作りにはげみます。

収穫への感謝が終わるといよいよ季節は冬。クリスマス、年末年始と大きなイベントにむけ工房は準備に大忙しになります。

2012 栗の里 豊年謝恩祭

Written on : 11.24.12

 恒例になりました「栗の里 豊年謝恩祭」を、

 明日11月25日(日)本社恵那峡店横駐車場にて開催します。

  

 収穫祭らしくお野菜、海産物などや謝恩祭限定商品・イベントをたくさんご用意して

 みなさまのご来場お待ちしております。

 また来場された方には温かい豊作汁・焼き栗の無料配布がございます。

 こちらは数量限定になりますのでお早めにどうぞ。

 イベント開催時間はAM7:45〜PM1:45です。

 

 ※なお当日の外イベント会場での販売商品は全てチケット制になります。

   チケットは豊年謝恩祭当日、イベント会場本部テントにて販売いたします。  

無題.JPG

 明日 11月25日(日)はぜひ恵那川上屋で収穫の喜びを分かち合いましょう。 

 

 

栗の里 豊年謝恩祭

Written on : 11.10.12

自然の恵み・一年の収穫に感謝し来年の豊作を祈願する「豊年謝恩祭」を、11月25日(日)恵那峡本店で開催いたします。

今年で4回目となる秋のお祭りは栗の交流でお世話になっておりますスペインオレンセの栗祭り「マゴスト」を参考にし恵那川上屋風にアレンジした収穫祭です。

手配りチラシ.jpg

当日は温かい豊作汁・焼き栗の無料配布がございます。数量限定になりますのでお早めにどうぞ。

収穫祭らしくお野菜や海産物などの出店もございます。11月25日(日)はぜひ恵那川上屋で収穫の喜びを分かち合いましょう。

 

※なお当日のイベント会場での販売商品は全てチケット制になります。

 チケットは豊年謝恩祭当日、イベント会場本部テントにて販売いたします。

 

詳細は決まり次第随時お知らせしてまいります。

 

 

栗の里 豊年謝恩祭

Written on : 12.27.11

11月23日に開催されました「栗の里 豊年謝恩祭」は時折小雨がぱらつく中、たくさんのお客様がご来場になりました。

今年の無事の収穫のお礼と、来年の豊作を祈願するための神事がまず執り行われます。

謝恩祭の始まり スペインのマゴストのように町をあげてというわけではありませんが、若いスタッフが栗を焼いています。

栗を焼く若いスタッフ 謝恩祭の会場では様々なブースが設けられています。

ご存じ「恵那栗」さんはきんとんドーナッツ。

恵那栗の皆さん    五平餅屋さんも人気です。

五平餅伊勢のあだこ岩がきの北川さんは、今回も朝とれたばかりの牡蠣をたくさん持って駆け付けてくださいました。

あだこ岩がきの北川さん新鮮野菜をお値打ちに販売する農家のみなさん。

農家のみなさん本格石窯で焼くピザは絶品です。

石釜で焼くピザ豊年謝恩祭でデビューの恵那栗の「栗焼酎」は今はオンラインショップと恵那峡店で販売中です。

栗焼酎の販売を始めました。そして日本ならではの風景「餅つき」には、たくさんの子どもたちが歓声をあげながら、元気よくついてくれました。

餅つきつきたてのお餅はすぐお客様に振る舞われます。

つきたてのお餅をふるまいます最後の〆は「餅投げ」です。

餅投げ小さな子どもさんからご年配の方まで、皆さんに楽しんでいただいた豊年謝恩祭も無事に終了することができました。

来年もまた11月23日に「豊年謝恩祭」を開催いたしますので、どうぞ楽しみにしていてください。

 

お楽しみがいっぱい 栗の里豊年謝恩祭

Written on : 11.15.11

先日このブログでも少しご紹介しました、11月23日(水)(10時〜15時まで)に開催されます「栗の里 豊年謝恩祭」。

今日は、あと1週間にせまった今年の豊年謝恩祭の、お楽しみイベントのほんの一部をご紹介します。

◆ホクホクの焼き栗と蒸し栗を販売します。

焼き栗

蒸し栗

何と言っても栗のお祭りですから、まずは栗の収穫に感謝して、来年の豊作を祈願したいと思います。

◆地元の新米を使ったおはぎの販売。

おはぎ

新米の美味しさを餡やきなこと一緒に十分ご堪能ください。

◆500袋限定の福袋を販売します。

福袋

勝栗くんサブレや焼ドーナツ、米はぜチョコなど、この日のためにご用意した限定菓子が袋にいっぱい詰まっています。

◆恵那栗の栗焼酎

栗焼酎

恵那栗を使った栗焼酎で、11月23日豊年謝恩祭でデビューします。

超特選恵那栗だけで作った特別な焼酎です。

たくさんご用意できませんので限定での販売となります。

◆あったか栗ぜんざいを振る舞います。

栗ぜんざい

こちらは無料でお配りいたします。

各商品は無くなり次第終了となります。

雨天決行ですので、皆さまぜひ23日は恵那川上屋恵那峡本店にお出かけくださいませ。

 

 

栗の里 豊年謝恩祭

Written on : 10.29.11

一年の収穫に感謝して、来年の豊作を祈願する「豊年謝恩祭」が、今年も恵那峡本店で開催いたします。

今年で3回目になるこの秋祭りは、マロングラッセでお世話になっているスペインの栗祭り「マゴスト」からヒントを得て、日本の「マゴスト」として、栗農家の方たちをねぎらい、またお客様に喜んでいただけるような楽しいイベントとして続けてきました。

今年からは「11月23日」を「栗の里 豊年謝恩祭の日」として、今後はこの日に秋祭りを開催することになりました。

まだ詳細は決まっておりませんが、皆さまには随時お知らせしていきますので、どうぞお楽しみに。

豊年謝恩祭

栗の里豊年謝恩際

Written on : 11.29.09

9月の初めに、今年も良い栗がたくさんとれますようにと願いを込めて、伊勢神宮へ「超特選恵那栗」と「栗きんとん」を奉納させていただきました。

おかげさまで、今年も豊作であったことのご報告と、農家の方々へのねぎらい、そしてお客様への感謝を込めて、「栗の里豊年謝恩際」を本日恵那峡店で開催いたしました。

この謝恩際を開催するきっかけとなったのは、マロングラッセで親交のあるスペインのホセ・ポサーダ社のあるオレンセで、毎年開かれる栗まつり「マゴスト」にヒントを得てのことでした。

焼き栗

第1回目となる今回は、スペインガルシア州政府の駐日代表のガジェゴ氏も、わざわざ恵那まで足を運んでくださいました。

スペインガルシア州政府駐日代表ガジェゴ氏

豊年謝恩際の会場では、栗博士の塚本先生が、先生らしいトツトツとした語り口で、会場の皆さんに話しかけるように、栗のお話しをしてくださいました。

また、栗を贅沢に使った各種お楽しみグルメも勢ぞろいで、栗まつりにふさわしいイベントになりました。

栗博士塚本實先生の栗のお話

栗グルメ勢ぞろい

他にもおすすめなのが、産地交流として同じく伊勢神宮奉納牡蠣の的矢湾あだこ岩がき協同組合さんの、とれたて新鮮牡蠣の炭火焼きも大人気でした。

本場スペインのマゴストは、1500年も続く町をあげての栗まつりですから、およそその盛大さにはかないませんが、ワタシたちはこれから歴史を刻むはじめの一歩として、これからもこのお祭りを農家とお客様、そしてご縁のあった皆さんと一緒になって盛り上げていこうと思います。